さんちゃんで小杉

慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、そういった話の内容のほかに、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり調べられているのです。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もアピールできると、とても有利でしょう。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、育児と仕事の両立を図りつつ、それを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。分かりやすい違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、健康を維持するためのアドバイスをしたり適切な薬を出すことが主な業務とされます。それに対して、看護師は、医師の指導の下、診療の補助をして、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、元気になって退院していった患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。また、特に患者さんのご家族から涙ながらにお礼を言われるような時も、しみじみとやりがいを感じられます。夜勤も休日出勤もあり、その上、激務でもある看護師の仕事は、かなり心身に負担がかかりますから、仕事からやりがいを得られない場合は、多分看護師はもう辞めたい、などと考えるだろうと思います。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、医療の仕事を行う人々というのはより多く輩出されなければならなくなるでしょう。したがって、現時点で看護師不足の状態なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも原因として挙げられます。以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。そんな風に、戻ってこられるかどうかは辞めた状況により変わってきます。例として、結婚や引っ越しで辞職したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。実際に、こうして働いている看護師は多いです。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。オン、オフの期間を調整できて、やりたい仕事を選んで働ける、等などが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、長期で働ける方歓迎、というものもあってこちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、もしも看護師の仕事を探している最中なら派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職してみても良いのではないでしょうか。要資格の専門職である看護師ですが、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。きっかけが結婚や出産だったり単に私事からの転職もよくあるものの、人によっては看護師としてのスキルをあげるために、転職を志す場合もあります。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、規模の大きな病院に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で書いてみるとこの二つになります。昔は男性のことを表すのは看護士、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。それが、2001年に法律が改正され、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師という呼び方にひとくくりにされることになったのです。いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、必要とされる度合いがとても高いですし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、どこの病院でも日勤、夜勤と交代しながら働く形になります。夜勤業務があるので、睡眠時間をうまく調整できない場合は思うように睡眠をとることもできなくなってしまいます。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、この仕事をずっと続けられるのか、すっぱりと辞めてしまおうか、すごく迷ったものです。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もういい大人なのだから、何か起こった時は自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだといやでも思い知らされた出来事でした。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、様々な他職業と比べても、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。夜勤を通常より多く入れている人ですとか仕事の虫で、残業も苦にならない等々、そんな看護師なら確実に給料は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、もし容態が急に変わったら大事になりますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も看護師の仕事です。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、めまぐるしくてんやわんやと忙しいこともあったりします。看護師になろうと思ったきっかけはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、私は介護施設へ訪問しました。その時、そこに勤務している看護師さんを見て、心を動かされたのが契機となりました。将来的にはあんな職業をしたいと感じたのが始まりでそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。いやなこともありますが、看護師になってよかったです。看護師をするきっかけとしてよくいわれる動機の一つに収入が高いという点があります。例えば、一年目の給料で見てみてもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。しかし、そうやって高いお金をもらって働くということは、それだけ自分の知識や技術を磨いて、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、考慮され、それを活かせるポジションにつくことができるでしょう。ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。ハードな通常業務だけでなく、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業を強いられることがままあります。しかし、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。直前まで愚痴を言っていてもぱっと笑顔を作れるのですから考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなどと、言われることは多いですが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。日常的にそんな環境に接しているとあまり良い気分もしないでしょうが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだとわかっておけば、冷静でいられるでしょう。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均年収という点でははっきりと、看護師の方が額は大きいのです。医療に関わる職場において需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという大きなメリットがあるといえます。収入が良いのは事実ですが、その一方で、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、看護師を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。それから、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。それらを承知の上でなお、看護師になろうと希望し、勉強に励む人が多い訳は、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに長所も多いということに他なりません。看護師の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲労はたまる一方であり、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。その労働環境は厳しく、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死してしまった看護師もいたのです。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。時給がどのくらいなのかというと昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが相場のようです。これを単純にパートの時給とみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる看護師であり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。今いる職場において、そこでのハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。高い給料をもらっている看護師でも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。とはいっても、メインで勤務している職場がWワークを禁じていることがあったり、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうこうしているうちに自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、心にも大きな負担がかかるということになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであれば重要なキーポイントになり得ます。看護師の仕事は他職種と比較して高いお給料をもらえます。それが理由なのかはわかりませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。そうはいっても、看護師の仕事は過密スケジュールの場合が多いです。病院にもよりますが、ひどい場合は休みがほぼなく、「お金を使うような時間が確保できないから、貯まっていってしょうがない」と聞くことがあります。収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのがベストな形だと思います。交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。休日や時間休も取れますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。結婚、出産、そして育児がスタートしたらそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとそもそも夜勤などはできないものです。しかし最近になって、子育てが済んだということで職場に戻ってきたりする人も増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。